成年後見制度・その他法律相談は大阪の小西法律事務所へ

成年後見制度のご相談は大阪の小西法律事務所

成年後見制度とは

成年後見制度のあらまし

成年後見制度とは、精神上の障害(認知症の方、知的障がいを有している方、精神障がいを有している方など)により判断能力が不十分な方(以下「本人」といいます。)のために、本人を法律的に保護するための制度です。

成年後見制度の必要性

私たちは、日常的にさまざまな法律行為をしています。法律行為というと、不動産を買うために契約書をつくったり、公証人役場で遺言書を作成したりすることなど、あまり頻繁に行われないことだと思っている方もおられるかもしれません。しかし、例えば、スーパーで買い物をすることや銀行で預金を引き降ろすことなども法律行為です。
ところで、なぜ私たちは、契約をするとその内容に即したお金を払ったり不動産の登記名義を移したりする義務を負うのでしょうか。一般的に、個人がその自由意思に基づいて自律的に法律関係を形成することができる私的法律関係においては、法律行為に法律効果が発生する究極的な根拠は、行為者の意思にあるとされています。そのため、自分の行為の結果を判断することができる精神能力(意思能力)がない人がした行為は法律的な効力をもたず、無効であるとされています。
しかし、意思能力を欠く人がした法律行為が無効になるとしても、法律行為時に意思能力がなかったことを証明することができないこともありますし、意思能力があると思って取引をした相手方の人は不測の損害を被ることもあります。
そのため、意思能力の不十分な人の財産を保護し、また相手方も安心して取引できるように、成年後見制度が設けられました。 そして、意思能力が不十分な人を保護するための制度ですから、本人に身体的な障がいだけしかない場合や、浪費癖などがあるだけの場合には、成年後見制度は利用できません。また、本人を保護するための制度ですから、原則として、成年後見人が、第三者に本人の財産を贈与したり、貸し付けたりすることは認められません。

成年後見制度の基本理念

成年後見制度では、保護を受ける人も判断能力を有する人とできる限り同じに扱うべきであるという基本理念から、どのような保護を受けるかについて、保護を受ける本人の意思をできるだけ尊重するという考え方が取られています。

成年後見制度の概要

成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。
法定後見制度は、民法の定めに基づく制度で、後見・保佐・補助の3類型があります。 他方、任意後見制度は、「任意後見契約に関する法律」によって創設された制度で、判断能力が衰える前に、本人が、任意後見人になる予定の人(この人を「任意後見受託者」といいます。)との間で、委任する事項を決めておき、判断能力が衰えた段階で、裁判所が任意後見監督人を選任することによって任意後見を開始する制度です。任意後見人が本人に不利益なことをしていないかをチェックするために任意後見監督人が任意後見人を監督します。



無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら
  • 相続 大阪
  • 公正証書遺言
  • 交通事故 弁護士
  • 離婚 弁護士
  • 寄与分